top of page
IMG_1716.JPG
〜やることで身に付くし、身に付いたことは残るから〜
【杉の舎】屋久杉工芸

屋久島空港すぐ近くの『杉の舎(すぎのや)』さん。

店舗は多くの観光客や島民が行き交う賑やかな県道沿いですが、店舗裏の工房は、豊かな緑に囲まれた趣のある木造建築。

木枠のガラス戸を開けると職人の渡辺さんと、大住(おおすみ)さんが出迎えてくださいました。

鋭い刃が上下に動く板ノコ重機は、大物の屋久杉をカットしたりする大作業。「指を刃の近くまで動かすので、慣れていても緊張感を伴う」とお二人が口を揃える。

 

やすりのベルトが自動で回る機械は、カトラリーや一輪挿しなど、小ぶりの作品の形を整えるとのこと。

渡辺さんが工房奥にある機械で、ぷかり堂でも人気の丸い一輪挿しを削る作業を見せて下さいました。天井まで渦高く伸びる複数のベルトが、スイッチと共に動き出します。手のひらよりも大きい丸い杉を胸の高さ程で水平に固定し、ろくろの様に高速回転で回しながら、淵を少しずつ削っていきます。

らせん状の木くずが勢い良く木材から飛び出し、空中にも更に細かな木くずが舞います。

慣れた様子で渡辺さんは、更に繊細で滑らかなカーブを削りだしていきます。安定感のある所作に見とれてしまいました。

 

一旦手を止めて、使っている道具を説明して下さいました。槍のような、木製の持ち手に先端が鋭くカーブした80センチほどの削り道具。なんと渡辺さん自ら作製した手作りとのこと。ご自身の身体や力加減などに合わせた、より作業しやすくアレンジした道具達。複数あるようです。

お次は、ぷかり堂で販売している通称「いちりんこ」という小さな一輪挿しを、大住さんが実際に削る作業を見せて下さいました。

 

いつもお店で見る「いちりんこ」は、表面はつるつるで、カーブや直線もきれいに仕上がっていますが、目の前のビフォー「いちりんこ」は、ざっくりとカットされ、花を挿す穴がポツンと空いた一見積み木のようなミニ木材。大きさも形も様々です。

 

 

これらが、あの個性的な「いちりんこ」にどのような変貌を遂げるのか?モーター音を聞きながら期待が高まります。

 

と、迷いなく削り始める大住さん。木材を握った瞬間、設計図が浮かぶのか、みるみるうちに滑らかなカーブが生まれ、側面の木目がどんどん浮き出てきました。

 

予想以上に速い手さばき。角だらけだった木材達が、あっという間に唯一無二の「いちりんこ」に大変身。お見事です。